うちの毎日(ブログ)

液晶テレビ修理

2年前に弊社販売のM社製液晶テレビ。

お客様から修理依頼が有り伺ってみると、この状態。(´-ω-`)

blog_import_52fe7e62e52ec

アンテナ端子が折れています。

お客様に聞いてみると、最近映りが悪くなったな~と思い、触ったら取れたとの事(´-ω-`)

年配のお客様で自分でテレビを動かすわけでもなく、端子が折れるっておかしいな~

と思いながら、事務所に持ち帰りました。

で、メーカーに部品の展開図をFAXしてもらい見てみると、チューナーが部品として

設定がない???

え~デジタル基板ごと交換?金額は?いくらかかる?お客様に申し訳ないな~

と思いながら、念の為にメーカー技術に電話を。

で、聞いてみると、当初デジタル基板でしか部品供給していなかったが、

最近からチューナー単体でも供給しているとの事。

ムッムッムッ!ということはもしかして、今回と同じような事例が発生しているということか?

さすがに聞いても「はい、そうです」とは言わない(笑)

ただ、メーカーとしてはデジタル基板での交換を勧めているとのこと?なんで?

デジタル基板23,000円

チューナー1,700円

もちろん、チューナー交換でお客様負担を少なくするのがいいのでは、もしかして、

はんだ付けが出来ない電気屋が多くなっていると舐めてるのか(笑)

よくわからないが、私はチューナーを発注。

で部品が届いたので本日修理を。

裏板を開けた状態です。

 

blog_import_52fe7e63ee112

見事にチューナーの端子部が折れてます。

デジタル基板を外し、チューナーを半田で外していきます。

ここで、気をつけないといけないのが、最近は鉛フリーはんだが使われているということ。

環境に悪い鉛は使わないで~ということだが、電気的・接合的にはほぼ変わらない。

実際修理する際は、はんだコテの温度を通常より上げないと、はんだが溶けない。

温度を上げるということは、基板や部品に損傷を与えやすいということで、

慣れたサービスマン以外は要注意です。

で、チューナーを外したところです。

 

blog_import_52fe7e6489844

ヤ二で汚れた部分を、メカクリーナーで清掃。

 

blog_import_52fe7e653e728

それから、新しいチューナーを取り付けはんだずけしていきます。

 

blog_import_52fe7e65c6afa

M社製の液晶テレビなのにS社製のチューナー???

家電業界の摩訶不思議(笑)

修理完了。

2年前に弊社より購入、2年で故障ご迷惑をおかけしました。

最速で修理し修理代金は部品代金のみで対応いたします。

弊社で購入いただいた商品は責任をもって修理アフターサービスをさせていただきます。